ホーム > 製品情報 > 販売終了製品 > Windows 7 OS機能による動作確認状況

製品・技術/Motor

Windows 7 OS機能による動作確認状況

[注意]Windows 7 32bit版での確認可能範囲での結果であり、全ての動作を保証するものではありません。

ドライブ関連製品

機種名 Firm DVD
-R
DVD
-RW
DVD
-R DL
DVD
+R
DVD
+RW
DVD
+R DL
DVD
-RAM
PX-810UF USB 1.00
PX-810UF 1394 1.00
PX-820A 1.00
PX-820SA 1.00
Premium2 1.03 ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・
Premium2U 1.03 ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・
PX-B910SA 1.00
機種名 Firm CD
-R
CD
-RW
BD
-R
BD
-RE
PX-810UF USB 1.00 ・・・・ ・・・・
PX-810UF 1394 1.00 ・・・・ ・・・・
PX-820A 1.00 ・・・・ ・・・・
PX-820SA 1.00 ・・・・ ・・・・
Premium2 1.03 ※1 ・・・・ ・・・・
Premium2U 1.03 ※1 ・・・・ ・・・・
PX-B910SA 1.00 ※2

※1 CD-RWメディアのUDFフォーマットが終了しない
※2 BD-R UDF2.6フォーマット後のデータ記録に時間がかかる。他社ドライブでも同様な傾向であることを確認。

【確認内容】

  • Windows7標準書込み機能を使ってのデータ書込み(CD/DVD/BDメディア)
  • UDF Format(Exploreからのフォーマット/ディスク取出し/ディスク認識)
    UDFによるデータ書込み(データ書込み)
  • Windows Media Playerからのビデオディスク作成(DVDメディア)
  • Windows Media Playerからの音楽CD作成(CDメディア)
  • Burn.Nowによるデータディスク作成(BDメディア)

バンドルアプリケーション

アプリケーション名 動作状況 提供会社 バンドル製品 備考
PlexTools Professional Plextor Premium2/Premium2U 実行ファイルの設定を変更しないと動作できません。
また、一部動作できない機能がございます。
互換性変更による対応方法
Easy Media Creator 9 ソニック・
ソルーションズ
PX-810UF/820A/820SA Windows7に正式対応はしていません。
弊社確認範囲ではインストール、動作可能ですが、一部設定変更が必要。
CinePlayer CPRM認証対応方法
WinDVD8 Corel PX-B910SA DVD、BD-Video再生を行った範囲では問題なし。

Windows7にてCinePlayer互換性変更によるCPRM認証対応方法

PX-800、810、820シリーズに添付されているアプリケーション、Easy Media Creator9につきましては、Windows7に完全対応は致しておりません。弊社確認では、インストールその他の主なアプリケーションの動作が可能なことは確認しておりますが、CinePlayerにおいてCPRM認証を行う場合に不具合が確認されております。不具合症状としては、CPRM認証が完了するのですが、実際は有効になっていないため、再度認証の手続き画面となり、それが繰り返されてしまう状況です。

以下の設定を行って頂きますと、Windows7でもCPRM認証が可能となります。

  1. まず、Easy Media Creator9のインストールを実行します。インストール後、CinePlayerの実行ファイルに対し以下の変更を行ってください。
    CinePlayerの実行ファイル(DMX アプリケーション)を右クリックし、プロパティを開きます。
    このファイルは、通常、
     "ローカルディスク(C:)"フォルダの"Program Files"フォルダの"Program Files"フォルダ(64bit版は"Program Files (x86)"フォルダ)"Roxio"フォルダの"CinePlayer"フォルダの中にあり、"DMX"と表示されたアイコンです。

    CinePlayer実行ファイルへの変更
  2. 「互換性」タブを選択し、特権レベルの「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックボックスにチェックが入っているか確認してください。
    チェックが入っていない場合は、チェックを入れ「適用」をクリックしてください。

    プロパティ「互換性」チェック
  3. 次に「すべてのユーザの設定を表示」をクリックし、「すべてのユーザの互換性」タブの特権レベルの「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックボックスにチェックが入っているか確認してください。
    チェックが入っていない場合は、チェックを入れ「適用」をクリックしてください。

    プロパティ「すべてのユーザの互換性」チェック
  4. 特権レベルを変更しましたら、CinePlayerを起動し、CPRMメディアを入れ、CPRM認証を実行して下さい。
  5. 認証終了後、再びCPRMメディアを入れていただきますと再生可能となります。