run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース > 「国際画像機器展2018」に出展します!

ニュース

「国際画像機器展2018」に出展します!

2018.11.28

諏訪圏工業メッセ2018 PLEXLOGGER
国際画像機器展2017600.jpg
昨年出展の様子


2018年12月5日~7日に開催される「国際画像機器展2018 」にPLEXLOGGER(プレクスロガー)を出展いたします!

ハイスピードカメラに関連する疑問やご相談がございましたら、この機会にぜひ弊社ブースに足をお運びください。


■「国際画像機器展2018」 出展概要

 会期: 2018年12月5日(水)から12月7日(金) 10:00~17:00

 会場: パシフィコ横浜 ホールD

 ブース番号: 7

 主催: 日本画像・計測機器協会

■「国際画像機器展2018」 出展製品

 ・PLEXLOGGER PL3
 ・PLEXLogPlus II
 ※その他、各種活用事例について展示いたします。


■「国際画像機器展2018」出展 「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の見どころ

見えなかった瞬間がわかる。

 開発/製造現場では、製品の挙動や製造・生産ラインの動きを可視化したいというニーズが多くありました。可視化には、高速動作をスロー映像でみる「映像での可視化」と、振動や騒音など目視では確認できない「挙動の可視化」の2つがあります。今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要で、1つの可視化データとしてまとめることが非常に煩雑でしたが、それを1台で実現したのが、「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」です。


 【PLEXLOGGER(プレクスロガー)の特徴】

  1. 高速度カメラとデータロガーがモニタ付きで「オールインワン」

  2. 決定的瞬間とその前後を簡単自動記録する「トリガ機能」

  3. 持ち運びや設置も簡単な「小型・軽量・ポータブル」設計

  4. 記録したデータの詳細解析が可能な「解析ソフトウェアを標準添付」

  5. 「業界初」カメラヘッドの切り替えで「サーモグラフィに拡張」可能



 【PLEXLOGGER(プレクスロガー)活用事例のご紹介】


  ・サスペンション振幅時の挙動
  ・トランスミッション回転時の挙動
  ・溶接の条件だし
  ・ワイパーの挙動
  ・ドアミラーの挙動
  ・エンジンマウントの挙動
  ・モーター内部の撮影



■関連リンク


カテゴリー: [ お知らせ,展示会情報 ]