run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース > 「異型物を柔軟につかむ」電動3爪ロボットハンドを開発

ニュース

「異型物を柔軟につかむ」電動3爪ロボットハンドを開発

2017.11.22

報道関係各位
2017年11月
シナノケンシ株式会社

 シナノケンシ株式会社(以下シナノケンシ)は2017年11月29日~12月2日に開催される「2017国際ロボット展」に、新たに開発した"異型物を柔軟につかむ"電動3爪ロボットハンドを参考出展します。
 小物組立や食品・医薬品・化粧品などの現場において、人が行なっている手作業は自動化に向かっています。このたび発表する「電動3爪ロボットハンド」は、手に替わる自動化のために必要となる、"異型物を柔軟に把持できる機能"の実現を目的として開発をしています。
 また、ロボットハンドの中央部に中空構造(特許申請中)を採用することで、中空(穴)部分を使って、顧客の用途に合わせてロボットハンドに付加機能を追加することを可能としました。
 同時発表した「サーボアクチュエータシステム」と合わせて、シナノケンシは、自動化や作業アシストなどロボット制御分野への提案を進めて参ります。

キャプチャ①.JPG

    
【新製品の特長】
【1】サーボシステム採用により把持力・把持速度を制御

 ステッピングモータとサーボ制御を組み合わせて"異型物を柔軟に把持できる機能"を実現しました。具体的には、機構部分にバックラッシュの少ない特殊なカムを採用し、爪が対象物を把持する際のステッピングモータの電流および回転の変化を正確に計測することで、コントローラによって柔・硬物を判別し、最適な把持力と把持速度を調整・保持します。

【2】ロボットハンド・モータの中央部に中空構造を採用(特許出願中)
 ロボットハンド・モータ・コントローラの一体化構造の中央部に、中空構造(特許申請中)を採用することで、顧客の用途に合わせて、中空(穴)部分(直径φ8mm)を使うことができます。対象物を把持した状態で、さまざまな追加作業を組み合わせることで、自動化の幅を広げることが可能となります。

キャプチャ②.JPG

【3】対象サイズや把持方法の各種バリエーション対応
 把持できる対象物のサイズ対応の幅も広く、3本の爪を最大に開いた場合につかめる大きさは、直径φ114mm、爪を最小に閉じた場合につまめる大きさは、直径φ10mm程度の比較的小さいものまで「つまむ」、「つかむ」ことができます。
 また、開発中の製品は3爪ですが、爪の形状(2爪)や材質(金属や樹脂など)も、用途に合わせて変更できるように、爪のバリエーションも準備中です。

キャプチャ③.JPG

【その他の特徴・仕様】
・電源DC24V
・通信(RS-485)駆動による省配線
・重量:約750g 
・幅 :42mm
・高さ:約50mm
・全長:約150mm(爪を閉じた状態)

【期待される用途】
 小物組立や食品・医薬品・化粧品などの現場で、対象物が非定型物や柔らかい物や小さい物であるため、人による手作業の自動化が進みづらかった工程で、今後の自動化移行に向けての需要が見込まれます。

◆「2017国際ロボット展」に出展
展示会名:2017国際ロボット展
会 期:2017年11月29日(水) ~12月2日(土)
会 場:東京ビッグサイト 
弊社ブース番号:東6ホール SR-31

お問い合わせ=========================
◆<商品>に関するお問い合わせ
シナノケンシ株式会社 FAビジネスユニット
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL: 0268-41-1885
http://www.shinanokenshi.com/japanese/
◆この<発表>に関するお問い合わせ 
シナノケンシ株式会社 広報チーム 畑 典之
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL:0268-41-1800(代表) FAX:0268-43-0010
E-mail: kouhou@skcj.co.jp
http://www.shinanokenshi.com/japanese/
※ 製品写真の画像データをご希望の場合は、メール宛先をご連絡下さい。お送り致します。
===============================

カテゴリー: [ プレスリリース ]