run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース > 精密検査装置や電子部品製造の<搬送>用途に3つの「低減」/提言

ニュース

精密検査装置や電子部品製造の<搬送>用途に3つの「低減」/提言

2018.09.20

Plexmotion 1台から即日対応の標準品ブランド
精密検査装置や電子部品製造の<搬送>用途に
3つの「低減」/ 提言
―「関西機械要素技術展」に出展―

  新製品
「低振動・低騒音マイクロステップドライバ & ステッピングモータセット」 
<CSB-BAシリーズ> =「低振動」で 顧客に寄り添う 新シリーズ=

2018年9月19日
シナノケンシ株式会社

 シナノケンシは、搬送系に豊富な開発実績をもつ標準品ブランド「Plexmotion」(プレクスモーション)から、独自に開発した低振動・低騒音タイプの小型マイクロステップドライバとステッピングモータをセットにしたシリーズ(CSB-BAシリーズ)を発表いたします。おもに、精緻さが求められる外観検査装置等の<搬送>部分や、基板・半導体など電子部品製造装置における<搬送>部分などの駆動用として、お客様に3つの「低減」(提言)を提案。「低振動」で顧客に寄り添う新シリーズと位置づけ、10月3日~5日に開催される「関西機械要素技術展」に出展し、これまで以上に顧客・技術者にとって利便性の高いステッピングモータ用ドライバで、精密検査・電子部品の搬送分野での顧客価値向上を目指します。
 3つの「低減」/提言とは、Ⅰ 振動低減 Ⅱ 工数低減 Ⅲ 探す手間の低減 。まず、振動低減では、 マイクロステップ補間機能に加え、低速時には低振動化機能を有効にすることで、振動・騒音を従来機種比で約3分の1にまで低減できます。特に低速運転におけるモータの振動が大幅に低減され、精密部品など小型・軽量化が進む搬送物を安定して搬送することが可能となります。次に工数低減では、 配線時に電圧に合わせて、ドライバ側のスイッチで簡単に切り替えができるため、お客様が電流制限用の外部抵抗を準備する必要がありません。そして、探す手間の低減では、精密検査装置や電子部品製造のお客様を想定して基本的な<搬送>用途にすべて対応できるように専用モータ20種類を準備しました。さまざまな用途条件に合わせて、このシリーズからすべてセットとしてお選びいただけるため、ドライバに合うモータを探す手間がなくなります。このセットは、2019年3月下旬から発売する予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CSB-BAシリーズ.jpg
【新製品】 低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ

Point1 「振動低減」 ■ 従来機種比で3分の1に (ピーク値)
 弊社製品に初めて搭載しましたマイクロステップ補間機能*をドライバ上の切替スイッチで設定していただくことにより、回転時の低振動・低騒音化が可能となります。
 また、従来のマイクロステップ駆動では、分割設定を高くするとパルス発振器の能力を上げて高速回転をさせる必要がありましたが、当製品ではマイクロステップ補間機能を使うことで、パルス発振器の能力(周波数)はそのままで高速回転まで運転することが可能となります。
 *マイクロステップ補間機能とは、パルス(周波数)入力設定を変えずに、ドライバ内部で自動的に細かくなめらかなマイクロステップ駆動にすることで、低振動・低騒音を実現する制御方法です。
 特に低速運転時(240r/min以下)の搬送の場合は、低振動化機能を有効にすることで、モータ振動・騒音を大幅に低減され、精密部品など小型・軽量化が進む搬送物を安定して搬送することが可能となります。
 振動においては従来機種比較で67%以上(ピーク値)の低減効果があり、3分の1相当の低振動を実現しました。

Point2 「工数低減」 ■ 配線時電流制限抵抗の追加不要
 従来、ドライバと外部コントローラを接続する際に、DC5[V]を超える電圧で使用する場合、ドライバ内の入力回路へ電流を流しすぎないよう外部に電流制限用の抵抗を使用する必要がありました。本製品ではドライバ上の切替スイッチでDC5[V]かDC24 [V]の設定を行っていただくことで、お客様に外部抵抗のご用意および接続をしていただく必要がなくなり、工数・コスト削減につながります。

Point3 「探す手間の低減」 ■ 豊富なモータとセットをご用意
 精密検査装置や電子部品製造のお客様を想定して、基本的な<搬送>用途すべてに対応できるように豊富な専用モータを準備しました。セットでお選びいただける専用モータは、用途、トルクに応じて取付角□28mm/□42mm/□56.4mm/□60mm、モータ長(各取付角に応じて2種類もしくは3種類)、片軸/両軸の合計20種類の中から、お客様の装置サイズやご用途に最適なモータをお選びいただけます。

【開発の背景】
 これまでステッピングモータは比較的安価で制御もしやすいため、各分野/用途で使用されてきておりますが、回転時の振動や騒音、および回転時・停止時の発熱が課題であり、提案できる場面が限られていました。
 特に精密部品など軽量物の搬送部分においては、搬送物に駆動部の振動が伝わると、搬送物が振動して騒音が発生するだけではなく、搬送物の外傷や不具合につながる可能性もありました。一般的に、ステッピングモータはパルス信号のみで回転速度や回転角度(移動量)を制御できるため、比較的簡単に位置決め制御が可能ですが、構造上振動が起きやすく、また回転速度により振動や騒音(自身および装置筐体の共振)が異なるなど、使い方に制限や制約がつきまといます。
 この度の新製品では、そのような用途でも搬送物に与える影響が少なく、指定された場所へ的確に搬送できるようになりますので、お客様のお役に立てると期待しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【新製品特長】
  低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
  ●マイクロステップ補間機能や低振動化機能により低振動・低騒音が可能に
  ●配線時に電流制限抵抗の追加が不要となり工数低減に貢献
  ●最大電流2.8Arms(実効値)対応、バイポーラモータとの組み合わせで高出力・高トルクを実現
  ●業界最小・最軽量クラス(ドライバサイズW65×D51×H33mm、80g)
  ●選べる4段階分割(1、2、4、16)
  ●充実した保護機能(過熱、過電圧、低電圧、過電流、ドライバ異常、CPU異常)
  ●CEマーキング適合
  ■定価:未定  (モータ、ドライバ、ケーブルのセット価格)
  ■用途:精密部品など軽量物の安定搬送(搬送装置や検査装置など)
  ■発売時期:2019年3月下旬発売予定
  ■販売台数予定:初年度1,000台を販売予定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Plexmotion 」(プレクスモーション)とは
 2008年9月から販売を開始、今年で10年目を迎えた標準品モータ&ドライバをご提案するブランドです。
 「Plexmotion」(プレクスモーション)では販売代理店やWEBサイトよりご注文をいただければ、1台から即日対応できる販売体制で、「欲しい機能を、欲しい数だけ、欲しい時に・・・」お届けできるため、スピードが問われる開発・生産現場のご担当者様に多く活用されています。
 また販売当初から、"制御自在"=自在に制御できる機能(顧客価値)をお客様にお届けして、すぐに使えることを狙いとしていました。"制御自在"を実現するため、モータ単体ではなく、モータプラスアルファ、つまりモータ&コントローラ、モータ&ドライバなど、モータと駆動用回路とのセットや一体型を特長とする、「お客様のお手元に届いたらそのまま使える」という利便性を追求した独自の商品コンセプトを提供し続けてきました。
※Plexmotionおよびそのロゴは日本、米国およびその他の国におけるシナノケンシ株式会社の商標および登録商標です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■第21回 関西機械要素技術展(M-Tech関西)に出展
 会期: 2018年 10月3日(水)~ 10月5日(金) 
 会場: インテックス大阪 
 弊社ブース番号: 4号館 [17-62]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■<商品>に関するお問い合わせ 
 シナノケンシ株式会社 プレクスモーションサポートセンター
 〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
 TEL: 0268-42-1133
     (土・日・祝日および弊社休業日を除く平日9:00~12:00、13:00~17:00)
 URL: http://www.plexmotion.com/ プレクスモーションサイトはこちら
 E-mail: plexmotion@skcj.co.jp
■この<発表>に関するお問い合わせ 
 シナノケンシ株式会社 広報室 畑 典之
 〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
 TEL:0268-41-1800(代表) FAX:0268-43-0010  E-mail: kouhou@skcj.co.jp
 *製品写真の画像データをご希望の場合は、メール宛先をご連絡下さい。お送り致します。

カテゴリー: [ プレスリリース ]